アイコン画像

ワークショップレポート

  1. TOP
  2. ワークショップ
  3. ワークショップレポート
  4. 第35回印刷文化セミナー「はじめての七宝」を開催しました

2019年6月29日

第35回印刷文化セミナー「はじめての七宝」を開催しました

2019年6月29日(土)、印刷文化セミナー「はじめての七宝」を開催しました。

今回は、かとれあ工房の吉村美保子さまを講師に迎え、34名の参加で行いました。
日本では、仏典の中の七宝(金・銀・瑠璃(ルリ)・珊瑚(サンゴ)・琥珀(コハク)・瑪瑙(メノウ)・真珠)が語源とされ、七つの宝石の輝きをあわせ持つほど美しさがあるとされています。

参加者には、吉村先生が説明された後、七宝焼でペンダントを作って頂きました。

ベースになる銅版に自分のイメージに合わせ地色となる釉薬を置き、その上に模様となる釉薬・金箔を置き、窯で焼きました。
焼き上がると、焼く前に比べ随分と鮮やかな発色となり、歓声が上がるほどでした。




Voice

参加者の声

  • ペンダントの角を釉薬で塗り込むのが少し難しかった。でもうまく塗ることができ、焼き上がりが楽しみでした。
  • 一度はやってみたいと思っていましたので、楽しく受講できました。
  • はじめはどうなるかと心配でしたが、先生の指導で上手くできました。ただ思った色にならなかったのが残念。
  • 土台の色と模様が同化してしまったところが残念。金箔を置くのも大変でしたが、全体として思ったよりは難しくなかったです。