アイコン画像

ワークショップレポート

  1. TOP
  2. ワークショップ
  3. ワークショップレポート
  4. 第33回印刷文化セミナー「はじめての立版古2」を開催しました

2018年11月17日

第33回印刷文化セミナー「はじめての立版古2」を開催しました

印刷文化セミナー「はじめての立版古2」を開催しました。
4年前の「はじめての立版古」と同様に伊達伸明氏(美術家、建築物ウクレレ化保存計画主宰)を講師に迎えました。

立版古とは、江戸時代後期から明治期にかけて流行し、1枚の紙に印刷された絵柄を切り抜き組み立てると、名所や芝居の一場面が再現できるものです。

今回は講師のオリジナル作品を使って、三条通りに現存する「旧日本銀行京都支店(現京都文化博物館別館)」か「豊中市立市民会館(2014年解体)」のいずれかの立版古を組み立てて頂きました。

Voice

参加者の声

  • 難しかったですが、楽しかったです。
  • 途中までしかできなかったが、次回は頑張りたい。
  • とても楽しかったです。
  • 少し難しかったです。