AMeeT exhibit guide 本館・印刷歴史館
展示品のご案内

「はじめての和紙ちぎり絵」(ワークショップ)を開催しました

2017年3月4日(土)、当財団の主催による「印刷文化セミナー」を開催しました。今回は、ハクビ和紙ちぎり絵学院から講師を迎え、「はじめての和紙ちぎり絵」 というテーマでワークショップを開催し、総勢25名が参加しました。
和紙ちぎり絵は、道具を使わず、手だけで和紙の持ち味を生かす技法で、柔らかな輪郭と淡い色彩の取り合わせが多くの方の間で人気となっています。
講師から簡単な和紙ちぎり絵の概略説明の後、用意された2種類の題材を用いて、みなさん熱心に、そして楽しそうに作品を仕上げていきました。


 

【参加者の声】

・不器用なので必死でしたが嬉しかったです。
・講師の方の説明がていねいで良かったです。
・和やかな会場で楽しめました。
・なかなかむつかしかった。
・もう1枚は自由な材料までいければよかったと思います。

 

参加者の方々からは、貴重なご意見をいただきました。

財団では今後もこうしたワークショップや講演会、展覧会などのイベントを開催予定です。

当日の会場風景

和紙ちぎり絵制作の様子