AMeeT exhibit guide 本館・印刷歴史館
展示品のご案内

【開催報告】[関西文化の日] 11/19(土)・20(日)ニッシャ印刷歴史館 開館

​「関西文化の日」事業は、関西が誇る長い歴史に培われた豊かな文化資源に気軽に接する機会を提供することにより、美術・学術愛好者の増大を図るとともに、関西圏域外に向けても、文化が息づく関西を広く、かつ強くアピールし、関西への集客を図るための事業です。
ニッシャ印刷文化振興財団の運営する「ニッシャ印刷歴史館」も「関西文化の日」の参加施設として、例年に引き続き、先週末11月19日(土)・20日(日)の両日、午前10時~午後5時まで開館しました(見学は無料)。
11月19日(土)は37名、20日(日)は36名の来場がありました。
来館者の皆様は、印刷の歴史を物語る展示の数々や、本館の建物・意匠を大変興味深く観覧されていました。