AMeeT exhibit guide 本館・印刷歴史館
展示品のご案内

「第2回 PATinKyoto 京都版画トリエンナーレ2016」が開幕

2016年3月6日から京都市美術館(京都市左京区)で開催されている「PATinKyoto 第2回京都版画トリエンナーレ2016」に先立ち、3月5日に内覧会および授与式・レセプションが執り行われました。

このトリエンナーレは、当財団の文化事業の一環として2013年にはじまり、今回が第2回目となります。一般公募方式のコンクールとは異なり、尖鋭な目と豊富な情報を持った複数のコミッショナーによる推薦制を採用しているのが大きな特色です。また、それぞれにシリーズ作品やインスタレーション的な大作を展示することが可能なスペースを提供するという点においても、版画展としては従来にない画期的な試みとなっています。

内覧会では旺盛な活動を展開している若手から中堅の作家たち20人の作品が紹介され、それぞれの世界観を見事に表現していました。授与式では大賞に小野 耕石さん、優秀賞に金 光男さんと林 勇気さんが選ばれました。

また、「ニッシャ印刷文化振興財団賞」は名古屋市在住の山田 純嗣さんが受賞し、賞状と副賞が「PATinKyoto京都版画トリエンナーレ」推進委員会副委員長でもある、当財団の鈴木理事長より贈呈されました。

 

<開催概要>
会期:2016年3月6日(日)~4月1日(金) 午前9時~午後5時
会場:京都市美術館 本館2階
※毎週月曜日は休館、ただし、3月21日(月)は開館
入場料:一般700円、学生(大・高)500円

 
■山田純嗣さんの略歴と作品

1974年 長野県生まれ
2000年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画専攻研修生修了
2006年 VOCA2006 現代美術の展望̶新しい平面の作家たち
      上野の森美術館
2008年 個展「DEEP FOREST-既視感の森-」
        日本橋高島屋美術画廊X(東京)
2009年 - Life & Art -「 版で現す」 東広島市立美術館
        個展「絵画をめぐって-The Pure Land-」
            中京大学アートギャラリーC・スクエア(名古屋)
       企画|東京ステーションギャラリー 現代絵画の展望 12人の地平線
            旧新橋停車場鉄道歴史展示室(東京)
2010年 アイチ・ジーン
            愛知県立芸術大学芸術資料館、豊田市美術館(愛知)
2011年 SKY-2011 アジア主版/版画展
             国立台北芸術大学関渡美術館(台北)
2012年 ポジション2012 名古屋発現代美術 この場所から見る世界
            名古屋市美術館
        個展「絵画をめぐって 死んでいるのか、生きているのか」
            不忍画廊(東京)
2013年 アイチのチカラ! 戦後愛知のアート、70年の歩み
            愛知県美術館
2014年 山田純嗣展 絵画をめぐって 理想郷と三遠法
            一宮市三岸節子記念美術館(愛知)
2015年 山田純嗣展 絵画をめぐって
             Bunkamura Gallery(東京)

▼京都版画トリエンナーレ PATinKyoto(展覧会公式サイト)
http://patinkyoto.com

▼PATinKyoto 京都版画トリエンナーレ 2016
 インタビュー 木村秀樹(実行委員長)、小出麻代、金光男(出品作家)
(財団運営サイト「AMeeT」)
http://www.ameet.jp/feature/feature_20160301-2/#page_tabs=0

ニッシャ印刷文化振興財団賞を受賞した山田純嗣さん(左)と鈴木理事長

山田純嗣さんの出品作品『日月山水』