AMeeT exhibit guide 本館・印刷歴史館
展示品のご案内

第19回印刷文化セミナー「はじめての折形」(ワークショップ)のお知らせ

当財団は、「印刷文化セミナー」を定期的に開催しています。
第19回のワークショップを下記のとおり行いますので、ご興味のある方はお気軽にお申込みください。

印刷文化セミナー⑲ <ワークショップ>
はじめての折形 -和紙でオリジナルぽち袋をつくろう-

折形(おりかた)とは、室町時代の武家の間で興った伝統的な贈り物の包みです。祝儀袋など紙を折って贈る人へ心を込める作法として発展してきました。その美しい日本の心づかいの形を、身近なA4サイズの紙を使って気軽に楽しみます。遊び心と心づかいのあるオリジナルのぽち袋を贈ってみませんか。

日時 2014年8月23日(土) 13:30-16:00 (受付開始は13:00から)
場所 日本写真印刷株式会社 講堂
京都市中京区壬生花井町3
(阪急大宮駅・西院駅から徒歩約10分、市バス「四条中新道」下車すぐ)
内容 A4サイズの和紙を使ったぽち袋づくり。(初心者向け)
費用 1,500円(材料費含む)                                         
定員 25名(先着順)
主催 一般財団法人 ニッシャ印刷文化振興財団

【申し込み方法】

電話にて事前に予約申し込みをお願いします。

受付期間: 8月21日(木)まで
電話番号: 075-823-5318

ニッシャ印刷文化振興財団 事務局

受付時間: 10:00-12:30、13:30-17:00(土日祝を除く)
※メールでの申込みは受付できませんので、必ずお電話で申込みください。

なお、当日ご希望の方には築後100年以上を経過した本館1Fに開設されています、印刷の歴史資料を展示したギャラリーもご覧いただけます。

 

講師: 乾 陽亮 Yosuke Inui (デザイナー)

1976年 大阪府堺市生まれ。
伝統工芸・文化に関わるデザインを多く手掛ける。日本の礼法の一つ、折形を現在に活かす現代折形を提案している。

 

乾陽亮設計事務所(ホームページ) 

 

※当日は、大阪の和紙商「株式会社オオウエ」の四代目、大上博行氏による和紙のミニ講座もあります!

講師の乾 陽亮 先生

折形の作品例(ぽち袋)