AMeeT exhibit guide 本館・印刷歴史館
展示品のご案内

第16回印刷文化セミナーを開催しました

2013年11月30日(土)、当財団の主催による「印刷文化セミナー」を開催しました。第16回目の今回は京都市立芸術大学大学院を卒業され、写真・型の技法を用いた作品制作を行っている大谷史乃氏を講師に迎え、 「はじめてのステンシルぷりんと☆」というテーマでワークショップを開催、総勢21名が参加しました。
ステンシルは、型の上からインクをのせて形をかたどる印刷技法のひとつで、今回はクリアファイルで作った型と布用のインクを使用して、布バッグ制作にチャレンジしました。
丸・三角などの基本的な型の他に、見方によっては色々な形に見える抽象的な型が用意され、参加者は初めてのステンシルの作業に苦労しながらも、思い思いのオリジナルのマイバッグを仕上げました。

 

【参加者の声】

  • ・童心に戻って楽しめた。
  • ・もう少し時間があればよかった。
  • ・デザインを考えすぎると難しかった。

参加者の方々からは、貴重なご意見・ご感想をいただきました。

当財団では今後もこうしたワークショップや講演会など、多彩な文化事業を行って参ります。どうぞご期待ください。

講師の大谷史乃さん

当日仕上がった作品の数々